top of page

オンデマンド印刷はプリントのスピードよりもデータ処理の能力が「キモ」

更新日:2021年11月26日

みなさま、こんにちは。

11月23日は「勤労感謝の日」です。何を隠そう祝日でございます。←誰も隠してない


【国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。同法により制定された】 (wikipediaより)

日本古来の「新嘗祭」(にいなめさい)から由来しているのですね。←詳しくはGoogle先生に聞いてみてください


#ほぉ知らんかったわい


「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」その日、当社はいつもと変わらず営業しております。

緊急のオンデマンド印刷などが発生しましたら、お気軽にご連絡ください。


#当社社員はその日が祝日だとは気づいてないかもしれないです


******************************************************************


オンデマンド印刷はプリントのスピードよりも

データ処理の能力が「キモ」


こちら、当社オンデマンド隊長の名言でございます。

キモって「きもちわるっ」のショートカットではありませんよ。

「肝」の「キモ」です。


そもそもプリントのスピードはどのメーカーもあまり変わらないそう。

何が違うかというと、データ処理能力。

「これが落とし穴だったのですよー」と隊長。


オンデマンドプリンタには、データ処理をするためのシステムが搭載されております。

(筆者も詳しくないので間違った表現があるかもしれませんが、そこはまあ勤労感謝の日ということで…)


#どゆこと


そのシステムの処理スピードが、メーカーによって差があったのだそうです。

最速はリコー。

Fieryというシステムが搭載されていて、これが早い。

「21時には帰れるかな〜」と19時頃に先が見える感じ。

ところが同じデータをコニカミノルタで処理するとまあビックリ。

「今夜は夜勤だな」と19時頃に確信する感じ。

↑悪口ではないです。コニカミノルタ様大好きです♡


考えてみれば、DM3種類×100万枚=300万枚として、1枚あたり1秒遅いだけで…

えーと、えーと…まあ、相当のタイムロスになることはわかりますね!


そこで、当社はコニカミノルタさんに提案しました。

「御社のオンデマンドプリンタも、Fieryで処理できるようにしようよ」って。

コニカミノルタ様、頑張ってくれました。←だから好きだって言ったでしょ?


おかげで当社ではリコー・コニカミノルタ、どちらのオンデマンドプリンタも

【Fiery Command Work Station】という、しゃれおつなStationから出力しております。

同じサーバーから出力できるから、操作性もGOOD!と隊長大喜びでございます。


現在、オンデマンド隊長が推しのオンデマンドプリンタは「コニカミノルタC14000」!

「ステキなんです〜」と申しておりました。


#何がステキなんだかよくわからない

#でもヘェ〜そうなんだ〜って返事しとく


ちなみに、フジフィルムビジネスイノベーションさんは独自路線を爆走しているそうです。

さらにちなみに、オンデマンド隊長からフジフィルムビジネスイノベーションさんの社名が違うと休日にLINEが来たので今回から修正しました。


#正しくはフジフィルムビジネスイノベーション

#申し訳ありませんでした

#長いのでフジフィルムさんでもいいですか


当社はコニカミノルタのトナー問題をうけて、メーカーさん全面協力のもと、コニカミノルタ製8台を一時的に撤収、フジフィルム製3台・リコー製2台を設置していただき、25台のオンデマンドプリンタが稼働しております。前回にひきつづき、リコーさん、フジフィルムさん(公平を期すため逆にしました)、ありがとうございます。


#リコーのオンデマンド見てみたい

#フジフィルムのオンデマンド見てみたい

#ショールームではぜったい同時に見られません